川崎市の海側の風景

工場萌えのカレンダー|THE FACTORY STYLE

ここ数年、工場萌えなる言葉をテレビや雑誌で目にする機会が多くなりました。
工場の、煙突や配管、タンクなどの、独特な外観、構造美とでも言うんでしょうか、普段みられない、人工的なんですけど、だからと言って完全に機械的でもなく、どことなく暖かさも感じる、不思議な風景が心に残るのでしょうね。
昼間は昼間で配管類が縦横に張り巡らされた景色が印象的で、夜は夜で配管やタンクにつけられたライトが、昼間とはまた違った風景を生み出して綺麗なんですよね。
なんか工場って煙モクモクで油臭いって言うイメージだったのが、少しイメージが改変されてチョッピリ嬉しくなった管理人です。

川崎市の海側の風景
川崎市の海側の風景

↑この写真は市立川崎病院から見た海側の風景で、工場のプラント群が見えて、その向こうには羽田に着率しようとしている飛行機。なんか川崎らしいなぁって思って、昔に撮った一枚です。

ネットで調べてみると、北海道室蘭市、神奈川県川崎市、三重県四日市、福岡県北九州市、山口県周南市は日本五大工場夜景と呼ばれているそうです。
川崎は、そんな「工場萌え」分化の先駆けとも言える存在で2008年に川崎で工場夜景ブームが起こり、全国各地で工場夜景ツアーが組まれるほどになりました。
そんな川崎の工場萌えな風景がカレンダーになって発売されました。

THE FACTORY STYLE 2017 : KAWASAKI FANTASTIC PLANTS

川崎天然ガス発電株式会社、JXエネルギー株式会社、昭和電工株式会社、東亜石油株式会社、東燃ゼネラル石油株式会社の5社全面協力で、工場の構内撮影をしたそうです。
工場夜景見学ツアーですと敷地の外からの風景しか見られませんが、このカレンダーは中から見た写真がある、貴重なカレンダーと言えますネ。

上のリンクから直接購入することもできますし、Amazonでも購入可能です。

↑川崎工場夜景カレンダー「THE FACTORY STYLE 2017」(壁掛け版)


↑川崎工場夜景カレンダー「THE FACTORY STYLE 2017」(卓上版)

他にも探してみると、工場萌え商品、書籍やDVDもいくつか出ていますよ。

1,000ピース 光るジグソーパズル めざせ! パズルの達人 美景 プラントの森―川崎臨海部 (50x75cm)
↑こんなのもありました。

工場って言うと男性の世界!って思ってしまいそうですけど、工場夜景見学ツアーは女性も結構いるんだそうです。私も行ってみたいなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA